便秘と病気

便秘とは腸の中でいらなくなった食べ物のカスが溜まってしまうということです。 つまり時間がたつほど、それが腐っていくわけですから絶対にいいわけないということはすぐに誰でも分ることです。 その上、その溜まってしまったものからは有毒ガスが発生するのです。 それが大敗でいろいろな悪さをすることが、便秘の一番危険なところであり、できるだけ避けるべきことなのです。 また腸内に溜まっている便は、いわゆる体がいらない物として吸収しなかったものです。 つまりそこには有害物質などきちんと一度排除したものもたくさんあります。

そのような物質は発がん性の高いものも多く、せっかく吸収しなかったものを最終的には長時間腸内に入れておくために吸収してしまうという事態にもなるのです。 とにかく便秘は気分が悪いだけでなく体自体もとても不快であり、危険なことであるということなのです。 また便秘をすると病気になる反面、病気だから便秘になるという病気の赤信号の場合もあります。 例えば大腸癌や大腸ポリープはできている腫瘍の大きによって便の通を防ぐので便秘になりやすかったり、癌やポリープの場所によっては便が細くなってしまったりということが起ります。

他には腸閉塞なども急性の場合は便秘というより、一瞬でも起りますが、癌などによる腸閉塞であると腸が徐々にねじれるために便秘が起ることもあります。 女性ホルモンのバランスが崩れたときや整理前1週間は女性ホルモンの影響や、また盲腸の場合は腸内に熱を持つのでひどくなる数日前から便秘を起こすこともあるのです。 このように病気のサインのこともあるので、とにかく便秘はいいことがないのです。

◎特選サイト
便秘の解消法でお困りの方はこちらの便秘対策食品の通販サイトで無料相談が出来ます > 便秘の解消

Copyright © 2014 便秘解消法 All Rights Reserved.